特許庁 審査官 特許庁

スポンサードリンク

2008年04月30日

特許庁の著名な審査官

特許庁審査官には著名な方がなっていることもありますが、
著名な審査官は本野英吉郎という元読売新聞社の社長、植村昭三という元世界知的所有権事務局次長、そして八木橋正雄というギリシア語研究者、言語学者がいます。
海外での特許庁の審査官には物理学者のアルベルト・アインシュタインがスイス特許庁に勤務しており、
作曲家のクット・アッテルベリがスウェーデンの特許庁に勤務していて、このように特許庁に著名な審査官がいることも分かります。

著名な審査官がいるというのは、もちろん特許庁の資格に則って審査官となっていますが、
これらの著名人が審査官になっていることには、誰でもうなずけると思いますし、それだけの知識があるということが分かります。

審査官に著名人がいることは特許などの審査においてとても参考になるような知識もありますし、
このことからも特許庁の審査では様々な知識が必要であるということや、視野も広いほうがいいということが感じられると思います。
特許庁には、通常の職員から審査官になるにも様々な知識が必要ですが、
著名人もその審査官になるにも、多くの知識を有しているということからも、申請の審査に関して非常に役立っているのが分かりますね。


posted by kgua7b at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 特許庁 審査官 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特許庁任期付の審査官

特許庁には任期付の審査官というものがあり、
これは特許審査を迅速化するために行われていて、2004年(平成16年)から通常の特許の審査官とは違い別に任期付審査官の採用を行っています。

任期付の審査官の採用は特許庁では毎年100人づつ行い、5年間で500人の採用をする予定であるということが決まっており、採用の対象者は理工系の大学を卒業している企業や大学、公的研究機関などで4年以上仕事の経験がある人となっています。

任期付審査官として採用され特許庁に入庁すると2年で審査官に昇任することが可能で最初の任期は5年間で5年間は再任が可能なので、再任されれば弁理士の資格を得ることが出来るようになります。

任期付の審査官であっても特許庁に入庁後は、通常の審査官と同じく様々な持ち場で審査官補として働きながら研修などをこなし審査官として働くことになりますので、
任期付審査官も審査官と同じように仕事に対しても仕事の経験や理工系の大学卒業など条件があるので、
任期付審査官にも誰でも簡単になれるものではないということがこれらのことからもとても分かりますし、それだけ審査官が大切な仕事なのが理解できますね。
posted by kgua7b at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 特許庁 審査官 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特許庁の審査官任用

特許庁審査官の任用ですが、国家公務員採用1種試験の技術系の合格者から採用されているのですが、意匠の場合は特許庁独自の試験と、
商標の場合は2種、3種の試験で採用された事務官から登用されるということになっております。

審査官は3ヶ月間研修を行い、研修を終了したあとに審査官補に任用され、審査の事務経験を積みながら所定の研修を受けて、入庁から4年で審査官に昇任することが出来るので、
特許庁の審査官というのはこのように条件があるというのが分かります。
審査官と審査官補は総務部や審査業務部、審査第一部などに置かれることが決まっているので審査官にはそれぞれに持ち場というものがあるということも分かります。

特許庁で審査官や審判官として7年以上仕事をすることで弁理士となる資格を得ることができると弁理士法の第7条で決まっていますので、
審査官というのは任用について様々なことがあるというのが分かります。
特許庁の審査官は、仕事の内容も含めて、多くの条件や資格などが必要であり仕事をするにも、
様々な経験が必要なことがわかりますし、これは特許庁の審査官だからこそそのようなことが大切なのが分かりますね。
posted by kgua7b at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 特許庁 審査官 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特許庁の審査官の資格

特許庁審査官になるには、特許法の第47条第2項において政令で定められていて、特許法施行令第12条には所定の職務にあり、
研修課程を修了したものでさらに条件を満たすものが審査官の資格を有するとされています。

4年以上特許庁において、審査に関する事務の仕事をした人は特許庁の審査官の仕事をするための資格を有するものとされていますし、それ以外に産業行政などの事務に5年、うち3年以上特許庁で審査の事務、産業行政の事務に6年、
特許庁においてうち2年以上審査の事務、また通算8年以上産業行政などの事務に従事していた場合は、同等以上の学識経験を有すると認められていれば審査官の資格があるというように言われます。

特許庁の審査官は、すぐになれるわけではなく、このように様々な条件があるのでそれをクリアしなくてはならないということが分かりますし、
そうすることが審査官として特許庁で働くことが出来るのです。

特許庁で審査官になるためには、それぞれの資格や条件と同等に、多くの知識などがあるとより良いとされているので、
審査官はただ特許庁で働くだけでなく、知識があるからこそというのが分かりますね。
posted by kgua7b at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 特許庁 審査官 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特許庁の審査官について

審査官は、特許庁の職員であり、特許出願・意匠登録出願・商標登録出願などの審査を行っており
特許出願はそれぞれの国の特許庁の審査官によって行われているため、非常に重要な役割であるということが分かります。

特許庁の職員である、この審査官になるためには、条件を満たす審査官の資格が必要であり、これらは特許法によって定められているので、なるにはそれぞれの資格を満たしていなければなりません。

特許庁の審査官は国家公務員採用種試験の合格者から採用されたり特許庁独自で試験を行っていたりしますので、審査官になるにも様々な試験があるのも分かります。

2004年度からは任期付審査官というものが特許庁で導入されこれは特許審査を迅速化するために一般職の任期付採用の職員などの法律に基づいて毎年100人ずつ採用されていますので、
審査官にも著名人がいるのが分かると思います。

特許庁の審査官には著名な審査官も中にはいて、学者や新聞社長などから海外では作曲家などもいますので、著名人でもこのような審査官の職に携わることが分かりますね。
posted by kgua7b at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 特許庁 審査官 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
総合リンク集 Link Station SEO対策 KEN SEO勉強会 ジャンル別リンク集 CRANE SEO対策 KenNavi 経営 お役立ちサイト集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。