特許庁 偽ブランド 特許庁

スポンサードリンク

2008年06月10日

特許庁偽ブランド撲滅キャンペーン

特許庁は、ブランド品で急増している偽ブランド品の被害を防ぐ為に、
模倣品撲滅キャンペーンを実施しています。
これは偽ブランド品で、そのブランドが被害を受けていることや、間違ってその偽ブランド品を手にしてしまい、
偽物に本物と同じかそれ以上の価格を支払ってしまい被害に合うケースなど様々あり、
これらの偽ブランド品の多くは海外などで生産されており、被害の多くかネットショップやオークションでの購入などにあたります。

特許庁が偽ブランド品の撃退マニュアルを公開しておりますが、何故特許庁がこのような偽ブランド品の撃退マニュアルを公開しているかというと商標登録や特許に関するものはすべて特許庁で申請されたり受理されたりなどされているからです。

特許庁はブランドが偽ブランドでその権利などを侵害されない為にも、このようにニセモノに関する注意を促すキャンペーンを実施し、権利の侵害をされないように様々な努力を展開しているのです。

分かりやすく特許庁では偽ブランドの見分けが出来るように漫画で検証を行ったりしていますので、それらを見て参考にしてニセモノを避ける努力をすることも大切ですし、
知識があることでこのようなトラブルを避けることも出来ます。

特許庁は、偽ブランドに関してのキャンペーンを展開しているのは、偽ブランドにより権利が侵害されている状態にしてしまうとブランド以外のことも権利が侵害されやすくなる危険があるのでそれらを防ぐ為に努力しているのです。


posted by kgua7b at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 特許庁 偽ブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

特許庁の商標と偽ブランド

特許庁は、偽ブランドでのトラブルを防ぐ為にマニュアルを公開していますし、
偽ブランドの危険に対しても掲載されているのですが、この偽ブランドの危険を知っている人はどれくらいいるのでしょうか?

特許庁では、良いものを製作して形にしているものに関して商標という形を示しています。
この商標は、その商品やメーカーが今まで長い時間をかけて作り上げてきた信頼を商標法で商標権として保護しているので、
ブランドにはもちろんこの商標権があり偽ブランドは商標を侵害しています。

商標は、偽ブランドでは表示できませんし、商標が表示できるのは本物だけであり、
特許庁ではそのような注意を掲載していますが、ニセモノでもネットショップやオークションで掲載していることもあるのでこれらの注意を促しています。

特許庁では、偽ブランドの商標表示は、商標法違反ということを掲載していますので、掲載している場合は違法取引となりますし、
何より警察の取り締まり対象になりますので、オークションやネットショップには本物やそっくりなどの表記をして売った場合商標権侵害になります。

特許庁では、偽ブランドの売買に関する注意をこのように促していますので、多くの人に偽ブランドの取引は違法であるということを知ってもらう為にも特許庁は努力を今後も続けていかなければなりません。
posted by kgua7b at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 特許庁 偽ブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

特許庁に掲載している偽ブランド注意点

特許庁偽ブランドのキャンペーンを掲載していますが、
偽ブランドのトラブルもしっかりと掲載しているので、特許庁のホームページを確認して偽ブランドに関する知識を身につけることで本物との違いも分かるようになります。

本物を手に入れるには、そのブランドの店舗やブランドホームページから購入することが大切ですが、
ニセモノの場合はまずどのようなトラブルがあるのかということを知っている人は少ないかと思います。

特許庁に掲載されている偽ブランドのトラブルについて、まず、品質に信頼がおけない、
違法取引の被害は救済されない、犯罪組織に手を貸すことになる、違法取引は罪になると4項目が大まかに掲載されていて、それらの説明もしっかりとあります。

偽ブランドは品質が悪く、素材の質を落としているので、機能性耐久性はありませんし直営店にメンテナンスはお願いできませんし、偽ブランドの売買のトラブルは罪に問われ救済されませんのでトラブルになっても泣き寝入りです。

特許庁では、偽ブランドの違法取引は罪になることと犯罪組織に手を貸すことになるというのが掲載されていますのでそれらを見て学んでおくといいですね。
posted by kgua7b at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 特許庁 偽ブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月07日

特許庁偽ブランドQ&A

特許庁は、偽ブランドのQ&Aを掲載しているので後悔する前にトラブルを避けるためにも偽ブランドのQ&Aを見ておくと良いということが分かります。
Q&A形式になっていることで偽ブランドに関する知識が身につきます。

どういうことが罪になるのか、偽ブランドを買わないために、偽ブランドを買ってしまった場合にということが
特許庁の偽ブランドに関するページに掲載されているので、それらの対処を覚えておくと良いです。

Q&Aは特許庁の偽ブランドに関する情報として載せていますので、これらを確認することで、偽ブランドにまつわるトラブルに巻き込まれなくて済みますので、
事前にしっかりと学んでおく大切さがわかります。
偽ブランドについての知識を身につけることで、偽ブランドにまつわるトラブルから回避できますが、
自分で偽ブランドの識別というのはオークションでは難しいので、画像などから判断する知識を身につけることが大切なのが分かります。

偽ブランドからのトラブルを避けるためにも分かりやすいQ&A方式でその知識を特許庁は掲載していますから、分かりやすくこのことから学んでおくとよいということが言えますし、
トラブル回避するためにも知識が必要なのがわかりますね。
posted by kgua7b at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 特許庁 偽ブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

特許庁の偽ブランド撃退マニュアル

偽ブランドは、特許庁にも掲載されているマニュアルがありますが、それらはお買い物パターンからも確認することができ、
特許庁のニセモノ撃退マニュアルにその意識度チェックが掲載されています。

特許庁に掲載されている偽ブランドを防ぐ為のお買い物意識度チェック調査は、Yes・No形式で、答えるだけで分かりますが、
診断結果で答えを判断することが出来ますし、それらで自分が偽ブランドを購入する可能性があるかなどをチェックすることが出来ます。

偽ブランドに関する撃退マニュアルには、本物とニセモノのどちらがお得なのかということも漫画で検証していますが簡単に偽ブランドに関する知識が掲載されているので、
品物を見極める情報を掲載しているのでそれらを参考にすることで、どちらが良いのか分かります。

特許庁に掲載している偽ブランドに関するマニュアルは、とても分かりやすく掲載しているので、
特に模倣品撲滅キャンペーンのページは、ブランドに興味を持ち出す年頃の高校生などでも見ることで知識を見につけられます。

特許庁は、誰でも分かりやすく偽ブランドに関する知識を身につけられるようにページを作成しているので、
多くの人がこのページを観ることで偽ブランドの知識を学べますし、トラブルも避けることが可能ですね。
posted by kgua7b at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 特許庁 偽ブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
総合リンク集 Link Station SEO対策 KEN SEO勉強会 ジャンル別リンク集 CRANE SEO対策 KenNavi 経営 お役立ちサイト集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。